オトナのVPD一覧

オトナと子どもでは、同じVPDでも症状や接種スケジュールが異なります。オトナのVPDとワクチンについて解説します。

子宮頸がん、HPV(ヒトパピローマウイルス)感染症

どんな病気? オトナがかかるとどうなる?

子宮頸がんは、性交渉によってHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染し、持続感染することでがん化するVPDです。日本での患者数は年間約1万人、20代後半から増加し40代以降は概ね横ばいになります。早期に発見されれば比較的治療しやすいといわれていますが、年間約3,000人が死亡しています。最近では、20代から30代の患者さんが増えています。

性交渉前の年代は、ワクチンで予防

子宮頸がんを予防するには、検診とワクチン接種があります。子宮がん検診は、早期発見により子宮摘出や死亡を減らすことができます。しかし、円錐切除術(子宮頸部の早期がん部分を切除する手術)は妊娠後に早産や流産のリスクを高めますし、発見が遅れれば、子宮摘出を余儀なくされるときもあります。性交渉の経験がある人は、定期的な検診を忘れずに受けましょう。
一方、ワクチン接種は、子宮頸がんの原因となるHPV感染を予防しますので、命を守るだけでなく、手術そのものを避けることができます。子宮頸がんの最善の予防は、HPVに感染しないことです。性交渉の前の年代であればHPVワクチンを接種しましょう。HPVワクチンの定期接種の期間が過ぎてしまった方は公費負担とはなりませんが、かけがえのない子宮を守り、希望する妊娠出産のために必ずワクチンで予防してください。

HPVワクチンは、現在も定期接種

2013年4月にHPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)が小学6年生から高校1年生までを対象に定期接種となりました。その2か月後に、接種後の慢性疼痛などの有害事象報告があり、”一時的に積極的な勧奨接種”が差し控えられています。
誤解されている方も多いのですが、現在でも定期接種のワクチンとして原則無料で受けることができます。副反応出現時には定期接種として救済します。

ワクチン接種後の症状とワクチン接種には科学的な因果関係はありません

HPVワクチン接種後の慢性疼痛などの身体的症状とワクチン接種には科学的な因果関係はないことが、国内の研究でも明らかになっています。名古屋市が7万人以上を対象にHPVワクチン接種および接種後の具体的な症状に関する大規模な疫学的研究(”名古屋スタディ”と呼ばれています)を実施しました。その結果、HPVワクチン接種後にワクチンとの関連が疑われた症状の発生頻度はワクチンを接種した人とワクチンを接種していない人の間で違いが認められませんでした。

関連学会等が勧奨接種の再開を国に求めています。

日本小児科学会、日本小児保健協会、日本産科婦人科学会、日本小児科医会等の団体は、HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)接種の早期の勧奨再開を求める声明を出しています。

参考HP